知っといて!危険な食べ物 (犬猫)

“うっかりでも気をつけて!
危険な食べ物&その危険性”

危険な食べ物 (犬猫)
危険な食べ物 (犬猫)

ネギ類・にんにく(BBQ注意)
赤血球破壊による貧血

キシリトール(お菓子注意)
低血糖・肝障害

カカオ類(チョコレート注意)
中枢神経系毒性

レーズン・ブドウ(パン・クッキーあるある)
腎不全

アボカド(サラダのおすそわけ)
胃腸の炎症

ナッツ類(おつまみ注意)
大量の油脂による胃腸障害・膵炎

カフェイン(エナジードリンクにも!?)
心臓や神経系の異常

アワビ・サザエ・トリガイ(お刺身・・?)
光過敏症

生の貝類・甲殻類(生は特に注意!?)
ビタミンB1欠乏症

レバー(良かれと思ってつい)
ビタミンA過剰による脊髄の変形

番外編 ≫ ゆりの仲間(花粉も注意)
猫に強烈な腎不全!

上記は必ずではありませんが、一般的に報告のある代表的なものです。

基本は人間のものは与えないこと。

うっかり食べられてしまったら、すぐに獣医さんに診てもらいましょう(^^)

ブログTOP
アリス動物病院(川越市・動物病院)

毎日のフード ~健康の源は食から~

体調を整えるために自然としている健康法として、
食事を見直される方が多いのではないでしょうか?

病気にならない身体作りにも、病気と闘う身体作りにも毎日続けられる食事がとっても重要なのです!

そこで今回はわんちゃんねこちゃんのフードについて少しお話しします。

当院では、

① ライフステージ別のフード → 各年齢ごとのメンテナンス + 嬉しい付随効果
② 機能性を目的としたフード → 体重・皮毛・尿など、その子に必要なケアを重視
③ 治療を目的としたフード  → 尿石やアレルギー、内蔵疾患の補助治療

大まかに3ジャンルのフードを取り揃えております

その子に必要なものが見定められる、病院ならではのご提案もできますので、
気になる方はお気軽にスタッフまでご相談下さい。

ブログTOP
アリス動物病院(川越市・動物病院)