ハムスターの骨折

本日の主役はハムスター🐹🐹🐹です。

自宅で飼育しやすく、見ているだけで癒される姿に、最近お家にお迎えした方も多いのではないでしょうか。本日は身近に起こりやすいハムスター🐹の骨折🦴についてお話します。

ハムスターの骨折🦴はケージのフェンスでのうんてい運動に関連したものが多く見られます。ペットショップやホームセンターなどでは、さまざまな形状のケージが流通しています。一般的にはプラスチックと金属のフェンスで作られているものが多く販売されています。

フェンスの組み込まれたケージや5面がフェンスのものは通気性に優れていますが、ハムスター🐹は足場があれば高所でも容易に登りつき、フェンスにぶら下がった状態で移動しては床に落ちる動作を繰り返すため、その際に脚を捻り骨折などの事故を起こすことがあります。

その他ケージからの脱走、高い台の上から落下、部屋の中で散歩させているときに踏まれてしまう例もあります。また、散歩中に同居動物が本能的に咬んでしまった報告もあります。

ハムスターの場合、骨折しても我慢して、普段と変わらず歩き回ることが多いです。日常の診察の中でも、別の症状でレントゲンを取ったときに骨折の痕跡が発見されることもあります。

治療に関しては、飼い主さんと相談になりますが、場合によっては痛み止めを飲んで自然に骨がくっつくのを待つこともあります。ヒトと同じようにギブスで固定することも可能ですが、固定部を齧ってしまうハムスターもいるため、性格によっては適応されないこともあります。また、麻酔下で骨の中心に金属のピンを入れて固定する手術もありますが、ジャンガリアンハムスターのような体の小さいハムスターでは、困難な場合が多いです。

一番大切なのは普段の生活の中で怪我をしない生活環境をつくることです。頻繁にケージを登るハムスターには、登れないようにガードシートを張ることもひとつです。また、ケージの外でお散歩をしているときには眼を離さないようにして、ワンちゃん、猫ちゃんとの接触は安易にさせないことです。

何かお困りのことがありましたら気軽にご相談ください。💁🏻‍♂️🏥

20210415(C)

ブログTOP
アリス動物病院(川越市・動物病院)

ペットの誤食

少しずつ暖かくなってきましたね。🌸🌱

ご自宅🏠でのんびりするだけでなく、お散歩犬🐕🚶‍♀️🚶に行く機会も増えてきたかと思いますが、お家でもお外でも、気をつけなければいけないのが誤食です❗️

今回は🐶わんちゃん😸猫ちゃんが食べてはいけないものを幾つかご紹介します。

①まず、野菜の中で代表的なものが、ネギ、タマネギ、ニラ、ニンニク🧄などです。

これらは赤血球を壊して貧血や血尿を引き起こしたり、嘔吐したりする他、最悪の場合は命に関わる症状が出ることもあります。😱

野菜は他にも、アボカドやアスパラガスなどが有名です。🤭

アボカドは実の成分だけでなく、大きな種🥑も誤飲して閉塞を起こす可能性があるので気をつけてください。ナスや銀杏なども注意が必要です。

②ネギと並んで有名なのがチョコレート🍫、カフェインです。下痢や嘔吐などの消化器症状だけでなく、大量に摂取すると昏睡など重篤な症状に陥ります。😭

③果物で有名なものが、ブドウ🍇やレーズンです。
嘔吐、下痢などの消化器症状が出る他、急性腎不全になることがあります。😵

④植物で気をつけなければいけないものは、球根🧄で育つ植物です。

例えばユリ⚜️は腎障害を引き起こし、チューリップ🌷は心毒性が強く痙攣などがおき、スイセンも昏睡状態に陥るなど、少量でも大変危険なものが多いです。その他にも道端によく咲いているアジサイ、キク🌼、アサガオ、園芸で用いられることも多い、ベゴニア、シクラメン、アロエ、シーズンにより観葉植物として室内にも飾られる、ナンテン、カーネーション、クリスマスローズ、ポインセチアなども、全体または葉や根といった一部分が有害です。🤔

⭕️以上のように口にしてはいけないものはたくさんありますが、対策として、まずは、室内ならば届く範囲に置いておかない・飾らないよう常に気をつけておくことが非常に重要です。😊

🐶わんちゃんの場合、お散歩🦮で外に出た際は、近づけないようコントロールしましょう。

万一、食べてしまった可能性がある場合は、なるべく早く病院にご相談ください。🏥💁🏻‍♂️💊

(ITO)20130328

ブログTOP
アリス動物病院(川越市・動物病院)

ウサギのグルーミング教室

こんにちは、アリス動物病院です😊🐶
本日はうさぎのグルーミング教室での日した!🐰✨
ブラッシングで毛が抜けふわふわの毛並みになりました✨
まめこちゃん、おこげちゃん、大喜ちゃん、ぽむちゃん、ロイティちゃん、うーちゃん、モコちゃん、ルルちゃん、ピコちゃん
たくさんのご参加ありがとうございます!🐰
次回の予定は4月19日、5月17日、6月21日になります!(HI)20210315

ブログTOP
アリス動物病院(川越市・動物病院)

親鳥なのですがコガモです

今年の1月14日から右の翼に大怪我をして、入院していたコガモですが、無事に引き取り先が決まりました❗️

最初は子ガモと思っていましたが、どうやらコガモという種類の小さなカモとわかりました。大人の鳥でした、、、

空を飛ぶことはできませんが、他のカモたちと仲良く過ごしてほしいです🦆

ブログTOP
アリス動物病院(川越市・動物病院)

ハリネズミ

本日のコラムの主役はハリネズミ🦔です。

コロナ禍でなかなか外出できず、新しく動物を迎えようとペットショップに行かれる方も多いのではないでしょうか。ここ数年でよく見掛けるようになったのがハリネズミ🦔です。

ハリネズミ🦔は海外の繁殖場や国内のブリーダーさんからペットショップに運ばれ、販売されることが大半です。その間に親や同居の動物からダニを移されることが多く、ショップで駆虫してから販売されることは非常に少ないです😱

ダニが寄生したときの主な症状は身体のかゆみであり、後肢で背中やお腹の辺りを掻く姿がよくみられるようになります。また、フケが増えたり、針が抜け落ちたりすることもありますが、中には全く症状が表れないこともあります。

検査方法としては、皮膚に付いているフケを顕微鏡で観察することで、ダニの成体や虫卵を確認します。ダニ自体は皮膚に深くもぐっていることもあり、なかなか見付からないこともあります。🤔

治療としては犬猫用の駆虫薬を使用します。しかし、その駆虫薬はダニの成体には効きますが、虫卵には効果がないため、2週間おきに3回投与することで、より確実に駆虫することが可能です💁🏻‍♂️

これからハリネズミ🦔をお迎えしようと考えている方、お迎えしたけれど一度も病院には連れて行っていない方、まずは動物病院での寄生虫の検査をおすすめします。何か気になることがありましたら気軽にご相談ください😃🩺🦔

(C)2021.02.08

 

ブログTOP
アリス動物病院(川越市・動物病院)

保護鳥の放鳥

今日は怪我をしていたカルガモくんが無事に旅立ちました🐣

12月18日にうまく歩けないカモがいるということで病院に連れてこられ、検査の結果左足を骨折していました…

はじめはごはんもなかなか食べなく心配でしたが、ここ数日は人の動きにも動じず、すごい勢いで食べていました🍚
足も完治しており、本日水上公園で放鳥したときの写真をあげておきます📷

風が強く、無事水面に浮かんでくれるか心配でしたが、私たちの心配はよそに軽やかに泳いでいきました🍃
他のカモたちともうまくやってもらえることを願います✨(C)20210119

ブログTOP
アリス動物病院(川越市・動物病院)

巣立ち雛について

こんにちは。
今回は病気予防のお話とは少し違いますが、当院で野生鳥獣診療をする際に運ばれてくることが多い、巣立ち雛(ヒナ)についてお話させていただきます。

街中で「ヒナを拾わないで」と書かれたポスターなどを見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
結論から言うと、その通りで、元気な巣立ち雛は拾ってはいけません。

巣立ち雛とは、ある程度成長して巣から降り立った雛鳥のことで、雛はこの時期に、餌の取り方や飛び方など、野生で生きていく上で必要なことを親鳥から学びます。
まだ親離れが完全にできておらず、飛ぶのが下手なため、親鳥は雛の行動をそばで見守っているのです。
そういった雛を人が拾ってしまうと、親鳥から引き離してしまうことになり、生きていくのに大切な沢山のことを学ぶことができなくなってしまいます。

もし雛鳥を見かけたら、動きが元気ならば、そのままそっと見守ってあげてください。
(車通りの多い所など危険な場所にいた場合は、少しだけ脇に寄せるなど、すぐ近くの安全な所に移してあげてください)
(あまり成長していない小さな雛鳥の時は、付近に巣が見当たれば、そっと戻してください)
ただ、怪我をしている様子であったり、また巣立ち雛かどうか不明である場合は、一度様子の方を電話などでお伝えいただければと思います。

成長を見守るのも優しさです。
雛が無事に成鳥になれるよう、適切な対応、サポートをしてあげましょう。(ITO) 20201014

 

ブログTOP
アリス動物病院(川越市・動物病院)

野生傷病鳥獣保護事業

こんにちは!
今日は病院に入院していた雉鳩を放鳥しました。
自然な飛び方で無事飛び立っていきました🐦☀️
9月18日に当院に来た際は、全く飛べない様子でしたが治療を続けるうちにみるみる元気になっていきました💪🏻💪🏻
もう一羽怪我をしていて入院している鳩も次第に元気になっていますので、今後良い報告を出来ればと思います😊💕💕

20200930

ブログTOP
アリス動物病院(川越市・動物病院)