心雑音について

犬🐶🐱のワクチンや狂犬病を打つ時期に身体検査を行う病院は多いと思います。その時に心臓❤️に雑音が見つかることがあります。心雑音は心臓病を見つける1つのきっかけとしてとても重要です。今回は心雑音について書いていこうと思います。

心雑音とは、心臓にある僧帽弁や三尖弁など弁の狭窄や弁の逆流などが原因で通常の心音の中に異常な音が聞こえることです🧐 心臓の聴診🩺は心雑音を聴診することで心臓の病気の発見や重症度の簡単な検査を行うことが出来ます。🤔

心雑音はLevine分類という雑音の強度で1から6の6段階に分けられます。
・Ⅰ度 弱くかろうじて聴き取れる
・Ⅱ度 弱いが容易に聴き取れる
・Ⅲ度 中等度に強い
・Ⅳ度 非常に強くスリルがある
・Ⅴ度 非常に強くスリルがあり聴診器で胸部に近づければ聴き取れる
・Ⅵ度 聴診器がなくても聴き取れる
上記のように数字が大きくなればなるほど雑音が大きく心臓病の重症度が高いと考えられています😲

心雑音は『収縮期雑音』『拡張期雑音』『連続性雑音』と分かれています。収縮期雑音は心臓が収縮して体中に血液🩸を流すために心臓が収縮するときに聞こえます。原因の病気は僧帽弁閉鎖不全症、大動脈狭窄症などがあります。拡張期雑音は血液🩸を心臓に溜め込む為に心臓が拡張する時に聞こえます。原因の病気は大動脈弁逆流症や肺動脈弁逆流症などです。連続性雑音は動脈管開存症という遺伝性の病気が原因で起こり、心音を聴診すると連続的に雑音が聞こえます。

心雑音🫀は聴診器🩺で聞くことが可能な検査の中では簡単に調べることの出来る異常です。動物病院🏥で検査をしてもらう際、一度聞いてもらうことをおすすめします💁🏻‍♂️🐾

 

(P)20210216

ブログTOP
アリス動物病院(川越市・動物病院)

モルモットの尿路結石

本日はモルモット🐹🐾で比較的遭遇しやすい疾患をご紹介します。

尿路結石症という疾患をご存じでしょうか。尿路(腎臓→尿管→膀胱→尿道)のあらゆる場所に結石がみられる疾患で、人では「三大激痛のひとつ」や「痛みの王様」と呼ばれることもあります。痛みに弱いモルモットでは排尿痛😫による食欲不振がみられることが多いのです

結石ができる明確な原因は分かっていませんが、一般的にカルシウムの多い食餌やビタミンDの過剰摂取が関係すると考えられています。また、飲水量の低下は尿の濃くなり、結石成分ができやすくなるので注意が必要です。中高齢(2歳半以降)のモルモットで多く、雌雄どちらにもみられます。🧐

症状が全くみられず、健康診断で結石が見つかることもありますが、多くの場合、排尿痛😫を伴うため、鳴き声をあげながら少量の尿を何度も繰り返します。尿路が傷ついたときは血尿がみられ、尿管や尿道に結石が詰まってしまうと尿が出なくなります。結石の有無や場所の特定にはレントゲン検査や超音波検査が必要となります。🏥

モルモットの場合、膀胱や尿道にできた結石を手術で摘出することは可能ですが、腎臓や尿管にできた結石は摘出することが困難です。このようなときは、疼痛管理をしながら飲水量の確保と点滴を行い、自然に排出されるのを待つか、膀胱内に結石が移動してから摘出します。また、再発することも多く、定期的な検査が必要となります。🤔

モルモットの尿路結石はカルシウム成分が主体であることが多いため、成長期を過ぎてからはカルシウムの含有量が多いアルファルファ☘️の給餌は控え、チモシー🌱などのイネ科植物の牧草やペレットをおすすめします。飲水量が日常的に少ない場合はシリンジなどで水を与えることもひとつです。ご不明な点がございましたら、当院にご相談ください。💁🏻‍♂️(C)20210510

ブログTOP
アリス動物病院(川越市・動物病院)

しつけ教室

今日は当院のドッグランでしつけ教室を行いました。天気は良く日差しが出ていてとても暖かい気温で開催されました。☀️
トレーニング内容は、ハウストレーニング、アイコンタクト、待ての練習を行い、人に吠えた時の対処法、他の犬とのコミュニケーションの仕方などといった個別の質問にも対応した内容となりました。🐶
新しく参加されたワンちゃんや、何度か来られたワンちゃんがいましたがどちらも凄く人懐っこく
しつけ教室後のドッグランでの交流は和やかな雰囲気でした。✨
次回以降のしつけ教室は、5月22日(土)9時からを予定しております。参加希望の方は、当院の受付までご連絡下さい☎️

(kg)20210508

 

 

ブログTOP
アリス動物病院(川越市・動物病院)

猫の心筋症について

皆さん、猫🐱の心筋症🫀って聞いたことはありますか?心筋症とは心臓の筋肉に異常が起きる病気の総称です。今回は、猫😺の心筋症についてお話ししようと思います。

一般に心筋症には『拡張型』、『肥大型』、『拘束型』の3種類があます。この中で猫に最も多いのは『肥大型』です。

肥大型心筋症になると、心臓🫀の壁が厚くなり内部が狭くなってしまうので血液を体に送る量が減り、体に血液を回すことができなくなり心不全という状態になります。合併症として、血栓ができたり、肺の中に水がたまる肺水腫という病気になるリスクがあります。

初期状態に症状はほとんどありません。病気の進行に伴って徐々に疲れやすくなったりなどの症状はありますが、気づかれにくい病気です。重度になるにつれ、食欲が減り、咳をするようになります。また、血栓が出来てしまった場合、突然後ろ足が動かなくなったり激しい痛みを伴ったり触ると冷たくなっているなどの症状が出てしまいます。突然死を起こす場合があります。😱🐾

原因は遺伝的なものが多く、メインクーン、ペルシャ、アメショーなど様々な猫😺種で発生が見られます。年齢は3か月から13歳と幅広く認められます。

肥大型心筋症の診断は心臓の超音波検査です。また、胸部レントゲン検査、血液検査、尿検査なども重要な検査となります。🩺🏥💁🏻‍♂️

治療法は重症度によって異なります。軽度の場合は経過観察で定期的に検査を行います。症状が出ている場合、お薬を使用しながら、安静に過ごし症状の悪化を抑えていきます。🫀💊

肥大型心筋症は完治することは難しい病気です。しかし、早期発見することで症状を抑え、より長く元気に生活することが可能な病気です。もし猫が最近呼吸が荒い、前よりも運動しなくなったなど気になる症状があった場合、一度動物病院🏥🩺で見てもらった方がいいかもしれません。😺 (P)20210502

 

 

ブログTOP
アリス動物病院(川越市・動物病院)

狂犬病について

今回のコラムは、「狂犬病」についてです。🐶
ワンちゃんの予防接種💉としてお馴染みだと思いますが、重要性を再確認していただきたいのでこのテーマについて書かせていただきました。💁🏻‍♂️

ワンちゃんの飼い主さんには、「生涯で1回の飼い犬登録」と「毎年1回の狂犬病予防注射の接種」が狂犬病予防法という法律によって義務付けられています📜

狂犬病は、犬だけでなく人を含む哺乳動物のほとんどが感染します。狂犬病は狂犬病ウイルスをもつ動物に咬まれたときに、その動物の唾液中に含まれるウイルス🦠が傷口から体内に侵入することで感染します。犬に噛まれたことが原因となる90%以上となっています。

現在、日本の周辺国を含む世界中のほとんどの国では依然として狂犬病が発生しており、毎年約5万5千人もの方がこの病気により死亡しています😱。世界の中でも、アジアとアフリカでの死亡数が95%以上を占めています。
(写真 出典:厚生労働省)

世界保健機関(WHO)は「狂犬病の流行を阻止するにはワクチン注射率は70%以上必要」としていますが、厚労省によると、平成5年度ごろには99%以上あった接種率が、近年7割ほどに低下しています。

薄れる狂犬病への危機意識を高めることが、狂犬病の蔓延防止に繋がります。こんな時代だからこそ狂犬病に対する意識をいま一度引き締めましょう。💁🏻‍♂️💉🐾(Y)20210425

 

ブログTOP
アリス動物病院(川越市・動物病院)

ウサギの寄生虫

🌸暖かくなり、予防🏥のシーズンが到来しました。
🐶わんちゃん、🐱ねこちゃんはノミ・マダニだけでなくお腹に寄生する虫も予防していきますが、
🐰うさぎさんにもお腹の中に寄生虫がいることがあります!
今回は🐰うさぎさんのお腹の虫について、お話しします。

ウサギギョウチュウは、本体は肉眼でも見える程の細く薄い白い虫で、うさぎさんの便にくっついて紛れている形で発見されることが多いです。
実は蟯虫(ギョウチュウ)自体は特に悪さをするものではないと言われていますが、ただやはり、見た目が良くないので駆虫を希望される方が多いです。
便検査🔬で虫卵の確認を行いながら、飲み薬💊か、定期的に皮膚に垂らすスポット剤🍾を用いて駆虫していきます。
(添付写真が蟯虫卵です)🔬

一方、下痢などを引き起こし、悪化すると命に関わるような寄生虫もあります。
コクシジウムといい、こちらは肉眼で確認することができません。
そのため、軟便が出た場合はなるべく早く、便をご持参の上、検査していただくことをおすすめしています。
飲み薬💊を使用し、駆虫していきます。

何か気になる症状が見られましたら、お早めに受診してください。🏥💁🏻‍♂️
20210415(ITO)

 

ブログTOP
アリス動物病院(川越市・動物病院)

ハムスターの骨折

本日の主役はハムスター🐹🐹🐹です。

自宅で飼育しやすく、見ているだけで癒される姿に、最近お家にお迎えした方も多いのではないでしょうか。本日は身近に起こりやすいハムスター🐹の骨折🦴についてお話します。

ハムスターの骨折🦴はケージのフェンスでのうんてい運動に関連したものが多く見られます。ペットショップやホームセンターなどでは、さまざまな形状のケージが流通しています。一般的にはプラスチックと金属のフェンスで作られているものが多く販売されています。

フェンスの組み込まれたケージや5面がフェンスのものは通気性に優れていますが、ハムスター🐹は足場があれば高所でも容易に登りつき、フェンスにぶら下がった状態で移動しては床に落ちる動作を繰り返すため、その際に脚を捻り骨折などの事故を起こすことがあります。

その他ケージからの脱走、高い台の上から落下、部屋の中で散歩させているときに踏まれてしまう例もあります。また、散歩中に同居動物が本能的に咬んでしまった報告もあります。

ハムスターの場合、骨折しても我慢して、普段と変わらず歩き回ることが多いです。日常の診察の中でも、別の症状でレントゲンを取ったときに骨折の痕跡が発見されることもあります。

治療に関しては、飼い主さんと相談になりますが、場合によっては痛み止めを飲んで自然に骨がくっつくのを待つこともあります。ヒトと同じようにギブスで固定することも可能ですが、固定部を齧ってしまうハムスターもいるため、性格によっては適応されないこともあります。また、麻酔下で骨の中心に金属のピンを入れて固定する手術もありますが、ジャンガリアンハムスターのような体の小さいハムスターでは、困難な場合が多いです。

一番大切なのは普段の生活の中で怪我をしない生活環境をつくることです。頻繁にケージを登るハムスターには、登れないようにガードシートを張ることもひとつです。また、ケージの外でお散歩をしているときには眼を離さないようにして、ワンちゃん、猫ちゃんとの接触は安易にさせないことです。

何かお困りのことがありましたら気軽にご相談ください。💁🏻‍♂️🏥

20210415(C)

ブログTOP
アリス動物病院(川越市・動物病院)

しつけ教室・ドッグラン交流会 

今日は、当院のドッグランでしつけ教室を行いました。とても天気が良く、快適な気温で開催されました。🌻
トレーニング内容は、ハウストレーニング、アイコンタクト、おやつを使った歩く練習、待ての練習などを行い、散歩中に他の犬に吠えるわんちゃんの対処などの個別の質問にも対応した内容となりました。🐶
新しく参加したわんちゃんも多かったですが、しつけ教室後のドッグランでの交流は和やかな雰囲気でした。😁

参加希望の方は、当院の受付までぜひご連絡下さい。☎

(Y)20130327

ブログTOP
アリス動物病院(川越市・動物病院)

ペットの誤食

少しずつ暖かくなってきましたね。🌸🌱

ご自宅🏠でのんびりするだけでなく、お散歩犬🐕🚶‍♀️🚶に行く機会も増えてきたかと思いますが、お家でもお外でも、気をつけなければいけないのが誤食です❗️

今回は🐶わんちゃん😸猫ちゃんが食べてはいけないものを幾つかご紹介します。

①まず、野菜の中で代表的なものが、ネギ、タマネギ、ニラ、ニンニク🧄などです。

これらは赤血球を壊して貧血や血尿を引き起こしたり、嘔吐したりする他、最悪の場合は命に関わる症状が出ることもあります。😱

野菜は他にも、アボカドやアスパラガスなどが有名です。🤭

アボカドは実の成分だけでなく、大きな種🥑も誤飲して閉塞を起こす可能性があるので気をつけてください。ナスや銀杏なども注意が必要です。

②ネギと並んで有名なのがチョコレート🍫、カフェインです。下痢や嘔吐などの消化器症状だけでなく、大量に摂取すると昏睡など重篤な症状に陥ります。😭

③果物で有名なものが、ブドウ🍇やレーズンです。
嘔吐、下痢などの消化器症状が出る他、急性腎不全になることがあります。😵

④植物で気をつけなければいけないものは、球根🧄で育つ植物です。

例えばユリ⚜️は腎障害を引き起こし、チューリップ🌷は心毒性が強く痙攣などがおき、スイセンも昏睡状態に陥るなど、少量でも大変危険なものが多いです。その他にも道端によく咲いているアジサイ、キク🌼、アサガオ、園芸で用いられることも多い、ベゴニア、シクラメン、アロエ、シーズンにより観葉植物として室内にも飾られる、ナンテン、カーネーション、クリスマスローズ、ポインセチアなども、全体または葉や根といった一部分が有害です。🤔

⭕️以上のように口にしてはいけないものはたくさんありますが、対策として、まずは、室内ならば届く範囲に置いておかない・飾らないよう常に気をつけておくことが非常に重要です。😊

🐶わんちゃんの場合、お散歩🦮で外に出た際は、近づけないようコントロールしましょう。

万一、食べてしまった可能性がある場合は、なるべく早く病院にご相談ください。🏥💁🏻‍♂️💊

(ITO)20130328

ブログTOP
アリス動物病院(川越市・動物病院)

耳血腫

今回のコラムのテーマは「耳血腫」です。

耳血腫とは、
何らかの理由により耳介(皮膚と軟骨により出来ている動物の耳の外に張り出て飛び出している部分)の軟骨に亀裂が出来、折り曲がることで出血し、耳が腫れてしまう病気です。😮

原因としては、外耳炎(細菌感染、真菌(カビ)感染、寄生虫感染、アレルギー性など)や中耳炎などによる耳のかゆみや違和感から、耳を掻いたり頭を振ったりすることによる物理的な刺激によって、耳介の軟骨内で出血が起こると考えられており、耳血腫の原因の多くが外耳炎によるものです。😬

耳が垂れている犬種🐶(ビーグル、ゴールデン・レトリーバーなど)や、外耳炎を起こしている犬はかかりやすく、猫😸では、耳ダニの感染などで外耳炎を起こしている猫や外に出歩く猫がかかりやすいです。

治療は、切開や注射器を使って耳介の部分を刺して血を排出します。日を置いて数回行っても効かない場合は、耳介部から常に血液が排出できるよう小さな穴を開けることもあります。💁🏻‍♂️
内科療法ではステロイド剤や非ステロイド性消炎剤を使用します。インターフェロンを用いる病院もあります。💊

耳血腫は再発率がとても高い病気であり、耳血腫の原因となっている病気をしっかりと治療する必要があります。🤔👂
治療が遅れたり、耳血腫を放置したりすると軟骨が変形し耳の形がいびつになります。
原因の多くを占める外耳炎を未然に防ぐためにもお耳を定期的にチェックするようにしてみましょう😊🏥
(Y)20210321

 

ブログTOP
アリス動物病院(川越市・動物病院)